たるみ・代謝改善

結論

注目!

姿勢改善で根本的たるみ・代謝改善を目指します!

数多くのクライアントさんとの関わりがあったからこそお伝え出来る事実がココにあります。

問題解決考え方

<一般的>

筋肉をつけて

  1. たるみを引き締める❌🙅‍♀️
  2. 代謝を上げる❌🙅‍♀️

<専門的>

重要:たるみ・代謝を下げる理由を探します⭕️🙆‍♀️

一見遠回りのようですが、その場しのぎの短期的な解決策でなく、生涯を通してのカラダづくりの大切さをお伝えします。

たるみ・代謝不全の理由

1、姿勢の崩れ

姿勢が崩れた結果が「たるみ」

有難くも普段無意識にカラダを動かすことが出来るのと同時に、間違った姿勢は気づかぬうちに「たるみ」を助長します。

2、使いやすい・使いにくい筋肉

「使いやすい・使いにくい筋肉」のアンバランスが「たるみ」だけでなく、結果「代謝」をも下げます。

3、骨盤の影響

大きな動・静脈・リンパの流れが盛んな骨盤まわりもまた大いに「たるみ・代謝」に影響します。

まとめ

たるむ理由

  1. 姿勢の崩れ😵
    重心線(勝ち姿勢)が崩れ始めると「たるみ」が産声を上げる
  2. 筋肉一辺倒での使用😨
    筋肉が弱る・ないからでなく、使い方が偏ることで「たるみ」が成長する
  3. 姿勢の習慣化😱
    日々の姿勢が「たるみ」を応援している

代謝が下がる理由

  • 癖・歪みのあるカラダ😵
    使い方の間違ったカラダは代謝効率を下げる
  • 筋肉一辺倒での使用😨
    本来使って欲しい筋肉が使われず生活活動代謝をも下げる
  • 姿勢の習慣化😱
    時間の積み重ねが、さらに代謝不全を必然的に起こす

解決策

考え方を柔軟に

根拠のない運動は「続かない・変化しない・出来ない」のカラダ改善においてむしろ遠回り。

自分の姿勢を知ること

姿勢を保つ・作る筋肉をしっかり使えるようになることが大切!

超重要:世の中の溢れる情報に飛びつかず、まずやるべきは自分のカラダの状態を知ること◎💪
タクミ

損をしないカラダづくり

あなたの力になる自信あり!

\ 内容はどうでしたか? /

© 2020 #タクミメソッド