#タクミメソッド 損をしないカラダづくり

超簡単!小学生でも分かる筋肉の大切な話

『筋肉』と言えば

連想する言葉

「ダイエット」「たんぱく質」「代謝」「マッチョ」など何かしらイメージがあると思います。

カラダにとって必要不可欠なものという認識はありますが、カラダづくりのプロという視点で大切なことをお伝えします。

 

2種類の筋肉

それぞれの役割

洋服で例えると

  • Tシャツ:インナーマッスル
  • ジャケット:アウターマッスル

 

よく耳にする『インナーマッスル』

言葉の通り「インナー」の「イン」は『中・内側』を意味します。

カラダの奥、骨に近い筋肉のことを指します。

 

インナーマッスル役割

『カラダを支える筋肉』

 

 

『アウターマッスル』

インナーマッスルとは別に『アウターマッスル』が存在します。

骨よりも皮膚に近く、力を入れることで手で触ることが出来ます。

 

アウターマッスル役割

『カラダを動かす筋肉』

 

姿勢の話

日常のカラダの使い方

デスクワークに限らず、日常の姿勢やカラダの使い方はほぼ決まっています。

姿勢を正そうと意識しても、気づいたら使いやすい姿勢に戻る。こんな経験はありませんか。

 

アンバランス状態

姿勢が悪い状態

    • 筋緊張カラダがこわばる
    • 柔軟性:カラダが硬くなる
    • 筋力:代謝が下がる

筋緊張、柔軟性、筋力、これらのバランスが崩れています

 

例えば、本来カラダを支える筋肉であるインナーマッスルが弱まることで、それが習慣づき

カラダを動かす筋肉であるアウターマッスルが姿勢を保つために『緊張する』ことでカラダのバランスが崩れます。

 

その時間の積み重ねはカラダへのストレスとなり

<結果>

  • 代謝を下げ、脂肪を燃焼しにくくしたり
  • 痛み・コリを発生させます

 

ストレス増幅

 

さらに、このバランスが崩れた状態で行う『エクササイズや運動・筋トレ』が

気づかぬうちに少しずつカラダにストレスを蓄積することもあれば

急激なストレスにより痛みを発生させることがあります。カラダにとって良いことは一つもありません。

 

重要

『オリジナルのエクササイズ・運動・筋トレ』はとても危険

結果:カラダを痛めつけ、老いを早めている

 

大切なこと

もう説明しなくても、勘の良い方ならお分かりだと思いますが

それぞれの筋肉の役割を発揮するために『バランスを整えること』が非常に大切です。

思い立ってジョギング・ランニングを始めることでも、体重計に乗り数字を追うことでもありません!

 

まとめ

今回はカラダづくりのプロが教える『筋肉の大切な話』と、それに影響する『姿勢の話』でした。

 

悩みの解決にはちょっとした工夫が大切

カラダを変えるのはハードルが高いのは勘違い

今後とも少しでも変化のキッカケづくり・お手伝いが出来るように努めます。

お付き合いありがとうございました!

 

 

監修施設紹介

損をしないカラダづくりを

頑張るあなたの気持ちを全力で応援します!

浦和駅東口徒歩3分 鍼灸整骨院Suseri内併設

 

※当サイトに掲載されている全ての動画・画像・文章・情報等は著作権により保護されています。

著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写等することを固く禁じます。

悪質な場合は、知的財産法(著作権法)に基づき民事訴訟となります。

 

\ 内容はどうでしたか? /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

伸びしろ探しのタクミ

血液型B型・男兄弟4人の3男坊、国家資格者。 治療・運動指導・ライフキネティックで【頭からつま先まで癖・歪みを整え・伸びしろを引き出すボディワーカー】。 業界数十年、芸能・トップアスリートから学生・主婦までこれまでのクライアントは数万人。 カラダという共通言語を通して共有する『セッション型施術・運動指導』&『即効性+根本改善への道しるべ』が得意◎

RECOMMEND

-#タクミメソッド, 損をしないカラダづくり
-, , , , , , ,

© 2020 #タクミメソッド